CATVハイブリッドアンプモジュール

CATVハイブリッドアンプモジュール

ハイブリッド


ケーブル テレビ (CATV) システムの分野では、広大なネットワーク上で高品質の信号を送信することが最も重要です。この必要性から、CATV ハイブリッド アンプ モジュールの開発が生まれました。CATV ハイブリッド アンプ モジュールは、長距離にわたって信号強度を高めながら信号強度を高めるように設計された洗練されたコンポーネントです。これらのモジュールは、革新的な設計とハイブリッド技術の統合を通じて、高解像度テレビ、ブロードバンド インターネット、VoIP サービスなどのデジタル サービスとアナログ サービスのシームレスな配信を保証します。 Sanland チームは、CATV ハイブリッド アンプ モジュールの本質を掘り下げ、CATV インフラストラクチャ内での特定の役割に基づいて分類しました。

 

 

 

光受信モジュール

 

光受信機モジュールはハイブリッド同軸光ファイバ (HFC) ネットワークに不可欠であり、光ファイバ バックボーンと同軸分配ネットワーク間のブリッジとして機能します。 高帯域幅の光信号の受信とその高忠実度での変換をサポートすることにより、光受信モジュールは、CATV システムを介した超高速インターネット サービスと高解像度テレビの配信を可能にします。

 

 

 

 

 

 

 

GaAsプッシュプル増幅器モジュール

 

GaAs (ガリウムヒ素) プッシュプル モジュールは、直線性と低ノイズ レベルの点で優れた性能を発揮します。 GaAs 半導体のユニークな特性を活用することで、これらのモジュールは最小限の歪みで CATV 信号を増幅することができ、アナログとデジタルの両方の伝送に最適です。プッシュプル構成により、歪みや非線形性が打ち消されることで効率がさらに向上し、ネットワーク全体にクリアで高品質な信号が確実に配信されます。

 

 

 

 

 

 

リバースアンプモジュール

 

リバース アンプ モジュールは、加入者からヘッドエンドに向かう信号の流れをサポートするように設計されており、ビデオ オン デマンド、ブロードバンド インターネット、VoIP などの対話型サービスに不可欠な機能です。これらのモジュールは、逆方向パス上の信号の増幅に特化しており、アップストリーム通信が効果的かつ明確に送信されることを保証します。

 

 

 

 

 

 

パワーダブラーアンプモジュール

 

パワーダブラーアンプモジュールは、信号品質を犠牲にすることなく高い出力レベルを提供するように設計されています。 プッシュプル構成で 2 つの増幅段を採用することにより、これらのモジュールは出力を 2 倍にし、信号を劣化させることなく長距離に伝送することが可能になります。パワーダブラーは、CATV サービスの信頼性と品質を確保するために不可欠です。

 

 

 

 

 

 

 

1.2GHzフォワードアンプモジュール

 

1.2GHz 順方向増幅器モジュールは、現代のケーブル テレビ (CATV) システムのアーキテクチャにおける重要なコンポーネントであり、ヘッドエンドから加入者までの順方向パスで信号を増幅するように設計されています。これらのモジュールは、帯域幅を最大 1.2 GHz まで拡張することで、CATV ネットワーク上で高品質のデータ、ビデオ、および音声サービスを確実に配信する上で極めて重要な役割を果たします。

 

 

 

 

伝言を残す

伝言を残す
当社の製品に興味があり、詳細を知りたい場合は、ここにメッセージを残してください。できるだけ早く返信させていただきます。
送信

製品

whatsApp

コンタクト