デジタル制御可変ゲインアンプ

デジタル制御可変ゲインアンプ

Sanland の AGC1011 は、デジタル アッテネータを備えた可変ゲイン アンプです。このアンプは、0.5um GaAs エンハンスメント モード pHEMT プロセスの使用によって達成された低ノイズと高い直線性を備えています。小型 4.0x4.0mm 24 ピン クアッド フラット アンプに収容されています。ノンリード (QFN) パッケージ。0.05 GHz から 1.2 GHz まで最適に使用できるように設計されています。コンパクトな設置面積と薄型、低ノイズ、高ゲイン、高直線性を備えた AGC1011 は、低ノイズ アンプとして最適です。 CATVネットワークとFTTHネットワーク。

 
部品番号簡単な周波数(GHz)代表的なゲイン (dB)減衰量制御範囲(dB)

雑音指数 (dB)

電圧
(V)
電流(mA)パッケージ
AGC1011デジタル制御可変ゲインアンプ0.05~1.218410-240.55135QFN-24(4*4)
AGC1011Pデジタル制御可変ゲインアンプ0.04~1.218370-300.55135QFN-24(4*4)

伝言を残す

伝言を残す
当社の製品に興味があり、詳細を知りたい場合は、ここにメッセージを残してください。できるだけ早く返信させていただきます。
送信

製品

whatsApp

コンタクト